事務の派遣

おすすめ

事務職が豊富なおすすめの人材派遣会社ランキング♪

やっぱり事務職で働きたい!そんなあなたは大手企業の募集が多い、人気の人材派遣会社から仕事を探すのが近道!インターネットやハローワークにはなかった求人情報がたくさんあるんです!残業あり・残業なしの希望別に探せますよ♪

事務派遣のお仕事について

高い求人倍率の事務派遣の仕事について、女性に人気なことは知っていてもなぜ人気なのか、詳しくわからない人もいるのではないでしょうか。実際どんな内容の仕事をするのか、どのような人が向いているのかについてお話ししていきます。事務派遣に応募する前に御一読ください。

1.事務派遣の仕事内容

事務派遣の募集として一番多いのが「一般事務」です。この一般事務の仕事には次のようなことが含まれます。

・データ入力・集計
・ファイリング
・資料、契約書作成
・電話応対、メール・来客対応
・郵便物の仕分け

このように、庶務作業全般をこなすのが一般事務です。現在では、パソコンを使っての作業も多く、ExcelやWord、PowerPointといったパソコンスキルが求められます。他にも、高いコミュニケーションスキルをもつことで、仕事を順調に進めることができます。

事務派遣にはこの他にも、営業事務、経理事務、人事事務、貿易事務、医療事務、法務事務等の専門分野に特化した事務もあります。

これらの事務には、英語力や簿記、医療や法律の知識、人事の経験など、相当のスキルや経験を要求され、通常は正社員が就いたりしますが、現在では派遣でまかなっているところもあります。また、これら専門事務の補助的役割を派遣が担う場合も多くあります。

そして、専門分野の事務につきながら、一般事務のような庶務を任される場合もあり、派遣される会社や団体により、その仕事内容は少しずつ変わってきます。

2.事務派遣の勤務する日や時間帯

事務派遣が人気の理由は、その勤務時間帯や休日にあります。基本的に会社の営業時間内の勤務であるため、8時から18時までの間の8時間勤務であることが多く、残業もほとんどありません。

企業によっては、6時間勤務や4時間勤務などを求めるところもあり、子育て中や、夫の扶養内で働きたいと思っている方には、自分にあった働き方をすることができます。

勤務日に関しては、ほとんどが月〜金の勤務で、土日・祝日が休みとなっています。会社によっては、土曜日出勤というところもありますが、そのようなところはまれであり、女性にとっては理想的な勤務状況といえます。

また、派遣事務としては週3日程度の募集も多くありますし、短期間の仕事もあるなどライフスタイルにあったやり方で仕事をすることができます。

3.事務派遣の給料

事務派遣の給料は、基本的に一般事務が1,000〜1,500円程度で、パート・アルバイトより200〜300円ほど高く設定されています。このように「時給」換算の派遣の給料に対し、正社員は「月収」なので、会社によっては正社員より派遣の方が給与の面ではいい場合もあります。

しかし、勤続年数によって昇給することがないので、年齢を重ねるごとに正社員との給料に差がでてきてしまいます。

事務派遣でも経理や人事といった専門事務になると、さらに時給があがります。若いうちから経験やスキルを磨くだけでなく、資格をとる等しておくことがおすすめです。

4.事務派遣として働く5つのメリットとデメリット

事務派遣として働くメリット・デメリットには次のようなことが挙げられます。

5つのメリット

1.勤務地・勤務日・時間帯などを選ぶことができる
2.パートやアルバイトより給料がいい
3.いろいろな職場で経験を積むことができる
4.正社員よりも仕事に就けるチャンスが多い
5.サービス残業がない

勤務日や時間帯に恵まれており、派遣先を変えない限り転勤などの勤務場所の移動もない事務派遣はとてもメリットのある働き方です。

現代では、子どもの世話や親の介護などを両立させながら働く人も多くおり、そのような人たちには特にメリットがあると思われます。さらに、パートやアルバイトより給料がよく、同じ時間内で同じ仕事をするのであれば、派遣の方が良いといえます。

派遣事務の募集は中小企業から大手企業まであり、いろいろな職場で仕事をするチャンスがあります。特に、大手企業の事務に正社員として入ろうとすると、とても狭き門となってしまいますが、派遣で働きながら正規への登用を目指すこともできます。

正社員にありがちなサービス残業が、事務派遣にはほとんどみられません。これは、間に派遣会社が入ることで、派遣スタッフの利益を守る働きがあるためです。またこの他にも、有給休暇が取りやすいなど職場の人間関係に振り回されないといったメリットもあります。

5つのデメリット

1.ボーナスがない
2.交通費がない
3.福利厚生が弱い
4.将来の安定がない
5.社会的な身分・信用が低い

ボーナスや交通費、福利厚生といった面は、正社員と比べるとやはり大きく差が出る部分です。納得して事務派遣として働いていても、ボーナス時期や毎日の出勤にかかる交通費は、気になるものです。

特に事務派遣は、正社員と同じ仕事をしていることが多く不満も多い福利厚生に関しては、派遣元の福利厚生が充実してきていることもあるので、派遣会社を選ぶ際にはこの辺も重視すると良いかもしれません。

事務派遣に限らず、契約期間が定められている派遣の仕事は、将来に対する不安がつきものです。慣れてきた頃に契約期間が終了することも珍しくなく、新たな環境でまた仕事を開始…ということが多いのも派遣の特徴です。

このように職場を転々とすることが多いため、フルタイムで仕事をしていても、派遣は社会的な身分を低くみられがちになってしまいます。

5.事務派遣がおすすめの方

事務派遣の一番のメリットは、勤務地や勤務日、時間帯を自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができることです。

以前は正社員で働いていたけれど、結婚や出産を機に辞めてしまった人が、また働き始めるきっかけとして事務派遣で働くのもいいでしょう。その他に土日が休みの場合が多いので、予定が立てやすくプライベートの時間を大切にしたい人にもオススメです。

ExcelやWordといったパソコンスキルに長けている人が向いていることはもちろんですが、事務派遣はその会社の庶務全般を取り扱ったり、誰かのサポートをするなど幅広い仕事内容をこなすことが多いです。

業務を迅速かつ正確にこなすことができる人や、周囲への気配りができる人、裏方としてみんなをサポートすることにやりがいを感じる人にはおすすめの仕事です。

またコミュニケーション能力が高ければ、他部署とのやり取りも円滑に進めることができるでしょう。

6.事務の仕事は派遣と、パート・アルバイトではどちらがいい?

事務の仕事は正社員の他に、「派遣」、「パート・アルバイト」といった働き方があります。では、派遣で働くのとパート・アルバイトとではどちらがいいのでしょうか。

事務派遣のメリットでもお話しましたが、同じ仕事内容でも、派遣は、パート・アルバイトより時給が高いことが多く、派遣元に福利厚生が充実している場合は、そういった面でもパート・アルバイトより優れているといえます。

交通費は、パート・アルバイトの方が支給されることが多いのですが、時給の高さを考えると交通費の分を差し引いても、派遣の方が給料が高くなっています。

他にも、派遣元の担当者が間に入ることで、職場の人間関係に必要以上に振り回されることが少なく、仕事に集中できる環境にあると言えます。

7.事務派遣の仕事を探すのにおすすめの人材派遣会社ランキング

事務派遣を探すのにおすすめの人材派遣会社は次のようになります。

1位、テンプスタッフ

国内でもトップクラスの実績とシェアをもつ人材派遣会社です。取り扱いのある企業も多岐にわたり、質のよい求人数が豊富にあることで有名です。

派遣コーディネーターの対応の良さでも公表かを得ています。派遣社員として登録すれば、無料でパソコンスキルやビジネスマナー、オフィス英会話など仕事に必要なスキルをe-Learningを使ってどこでも学ぶことができます。

テンプスタッフ詳しい内容はこちら

2位、リクルートスタッフィング

リクルートのおすすめな点は、健康保険の保険料です。一般にある人材派遣会社管理保険の保険料率が3.80%であるのに対し、リクルート健康保険組合の保険料率は2.75%と低く抑えられています。

また、提携フィットネスクラブを割引価格で利用できたり、無料のeラーニング「エラン」でパソコンスキルをインターネットを利用していつでもどこでも繰り返し学ぶことができます。このようにリクルートスタッフィングは、福利厚生や各種優待が充実しているのが魅力です。

リクルートスタッフィング詳しい内容はこちら

3位、アデコ

世界規模で活動している人材総合サービス企業です。派遣求人数も豊富で、時給の高い求人も多く取り扱っています。2015年に「月間人材ビジネス」が実施した派遣スタッフの満足度調査では、6部門においてNo.1を獲得しています。

悩みを相談出来るサポートダイヤルや、OA機器の操作に関するヘルプデスクなど、初めての利用者にも易しい仕組みになっています。正社員を目指す「紹介予定派遣」の求人数が多いのも大きな魅力です。

アデコ詳しい内容はこちら

4位、パソナ

取引企業の多さはトップクラスで、優良大手企業からの求人も多くあります。パソナで派遣社員として働くと、2,000種類以上の講座を特別価格で受講することができるパソナオリジナルの研修・講座「パソナカレッジ2000」を利用することでき、インターネットや通信教育で勉強することができます。

さらに長期での仕事が決まった人には、「ベネフィット・ステーション」という高待遇の福利厚生があり、国内外のホテルが格安になる優待チケットやベビーシッターサービスなど多種多様な優待制度があります。

パソナ詳しい内容はこちら

8.まとめ

現在では、人材派遣会社もインターネット経由で様々な学習の場を設けており、ビジネススキルに不安のある人でも安心して仕事に臨む事ができるようになっています。

また、派遣のデメリットである福利厚生の弱さも改善されつつあり、求人の多さや優良企業の取り扱いを含めて人材派遣会社の選び方に変化がでてきています。

最新のエントリー一覧

どうもバイトが苦手です。
"とあるイベントのバイトに登録してました。 受け付けとかビラ配りとか、基本その場...

割り切って働く事
"私は正社員として働いていた会社を結婚を機に退職しました。それは、拘束時間が長く...